コンセプト / さいたま市の自然療法サロンなら「ほゆのり」へ

コンセプト
  • HOME »
  • コンセプト

コンセプトconcept

自然療法とは

自然の恵み(植物や薬草・石・エッセンスなど)を使い、その人本来がもつ自然治癒力や自己治癒力を高め、心・身体・魂を根本からケアして整えていくお手当法のこと。
症状が出たら症状に合わせた薬が処方される対処療法(西洋医学)とは違い 自然療法はその方の体質や心身の全体的なバランスを見て、ホリスティックにみていくことでジャッジをせずに、調和をとっていく療法です。
自然療法は、世界各地に様々あり、伝統的に受け継がれてきたものも多いです。
EX)アロマテラピー・メディカルハーブ・ホットストーンマッサージ・ハーブボールトリートメント・フラワーエッセンス・クレイセラピー・タラソテラピー・ホメオパシー・リフレソロジーやスウェディッシュマッサージなどの各種トリートメントなどがあります。
※西洋医学と自然療法、良い悪いではなく、お互いの良い面をみて取り入れていくことが大切になっていきます。

自然療法を取り入れた女性専門のトータルケアサロンです

「アロマテラピー」「メディカルハーブ」「ホットストーン」「ハーブボール」「スウェディッシュマッサージ」「リフレクソロジー」など
様々な自然療法、植物療法を取り入れて、幅広い年代(20代~60代以上)の女性のライフステージに合わせた施術でココロとカラダをケアしていきます。

オーナー自身、長年の激痛の生理痛や月経過多などの生理トラブル、プレ更年期の様々な症状を克服した経験あり今現在は快適に過ごせていることから、今後の人生がより豊かで幸せに過ごせるようサポートをいたします。

更年期、プレ更年期、生理痛や生理不順、PMS、頭痛、不眠、肩こり、腰痛など、様々な女性特有の不調やお悩みを抱えた方が数多くご来店しています。

※ライフステージとは?
女性は「思春期」「成熟期」「更年期」「老年期 」と4つのステージがあります。
それぞれホルモンのバランスの変化や不調があり、さらに結婚、育児、閉経などを経験するので悩みや不調の出方が年代によって異なります。

機械を使わないオールハンドによる技術とおひとりに合わせた施術

セラピスト歴20年のオーナーによるマニュアルにはない、その日の体調に合わせたオーダーメイドの施術を行っております。
機械を使わないオールハンドの技術で、カラダ・ココロ・お肌、トータルでバランスを整えていきます。
既存のお客様の中では、母娘2代にわたって、通われていたり、赤ちゃんが生まれる前、ご出産後も継続してご来店くださったり・・・
ライフステージが変わっても、末永く、心身のケアをサポートさせて頂きます。

施術前後の時間をかけたカウンセリング

お客様の体調やお悩み、生活習慣など細かく伺い、お身体にいま何が起きているのか把握したうえで施術をおこないます。
トリートメント終了後は、施術中に気づいたことや生活習慣や食事、肌ケアのことなどおひとりに合わせたアドバイスをしております。

厳選した自然素材・肌心地の良いタオルを使用

トリートメントに使用するものは、お身体やお肌に吸収するものですので、すべて厳選したオーガニックまたはノンケミカルの自然素材の高品質で安心安全なものを使っております。

精油:イギリスのオーガニック精油メーカー メドウズを中心に使用
化粧品:ドイツのオーガニックコスメメーカー プリマヴェーラを使用

また、ベッドのタオルは、今治産の上質なタオルを使用しており、肌触りや寝心地が良いと評判です。

極上のおもてなしとホスピタリティ

お出迎えからお帰りまで、訪れたお客様が心地よく過ごせるよう、きめ細やかなサービスと、適度な距離感で上質のおもてなしを心がけております。
施術前後にお出しするハーブティーはハーバルセラピストのオーナーによる、季節や体調に合わせたオリジナルのブレンドティーです。

完全予約制・女性専門の一軒家サロン

当サロンは、閑静な住宅街の中にある一軒家のサロン。
スタッフはわたし一人だけですので、他のお客様とは合わずにお過ごし頂けます。
サロンは白を基調にした温かみがあり、床には天然の無垢材を使用。
木の香りがほんのり漂い、森林の中にいるみたいとおっしゃった方も。
専用の洗面台もございますので、ゆっくりと身だしなみも整える事も可能です。

ちょっとしたことでも相談できるかかりつけセラピスト

自然療法が盛んなドイツでは、小さいころから診てくれるかかりつけ医がおり、日本のように各診療科にかかったり、主治医が毎回変わることもなく、どんな症状が出ても相談できるそうです。
これからの時代は、自分の身体は自分で健康にしていく時代。
何かあったらすぐ病院や薬に頼るのではなく、アロマテラピーやハーブ療法などの自然療法をうけていただくことで、健康管理の一つとしてお客様に捉えていただくこと。
また、ココロのことも含め、なんでも相談ができる場であり、ちょっとした変化をこちら側で察知してケアすることで、大きな病気を防ぐこともできます。

”かかりけセラピスト”を一つ持ってるから安心!
そんな場所になることを目指しています。

プロフィール

生年月日 1975年生まれ 
家族構成 夫 娘(今年3歳)
血液型 O型
動物占い ペガサス
趣味 カフェめぐり 読書 ドラマ鑑賞 植物を育てる

ヒストリー

  • 幼少時代

    小さい頃から、手や足の指先にしもやけができ、冷えてよくお腹を壊す子供でした。

  • 中学生

    中学生で生理が来てから、七転八倒する生理の激痛と経血の量の多さで貧血になり、ちょくちょく学校を休んだり、保健室で寝る、そんなことを繰り返していました。

  • 高校卒業後

    憧れの大手化粧品会社に入ったものの、人間関係のストレスで腕が上がらなくなり、接骨院に行ったら18歳で、五十肩と診断されました。

    冷えも強くなり、生理痛も倍増、仕事もままならなくなることも。
    様々な婦人科で診てもらうようになるが、一向に改善には向かわず、婦人科ジプシーは18歳から30歳まで続く…

  • 20代前半

    とある婦人科で『子宮内膜症』と診断され、なにもわからないまま低用量ピルを数年飲み続けることに…
    その後、乳腺にしこり(乳腺のう胞・良性)があることが発覚。

    ピルを飲み続けることや自律神経のバランスやホルモンバランスが崩れることでエストロゲン過剰になり女性の病気を引き起こすことを知り愕然

    冷えとストレスと生理痛と肩コリ…
    ココロとカラダ、すべてはつながっていることに気づく

  • 20代半ば

    電車の中で観た中吊り広告で足裏をほぐすことで身体とココロを両方からほぐして冷えを改善することのできる 『リフレクソロジスト』という仕事があることを知り、スクールに入学。

  • 25歳

    リフレクソロジストとして、新しく人生をスタートしました。
    ボディーワークや自然療法を勉強しながら 様々な自然療法や冷えを改善する方法を試し、ひどい冷えや生理痛からはおさらばしました。
    (乳腺のう胞もいつのなにか消えてました)

  • その後

    自然療法やボディーワークの資格も取得(現在も勉強中)

    外資系ホテルサロンのスパ、スポーツクラブ内のサロン、デパート内でのサロンなど数か所で勤務経験を経て、セラピストとして修業を積み
    2006年、サロンを開業

    現在は、スウェディッシュマッサージ、リフレクソロジー、アロマテラピー、メディカルハーブ、ホットストーンマッサージ、ハーブボールトリートメント、クレイセラピー、タラソテラピー
    世界各地の様々な療法や自然の恵みを使う『ココロとカラダを温めてほぐすボディセラピスト』として日々、女性のサポートをしています。

PAGETOP
Copyright © 自然療法サロンなら「ほゆのり」へ All Rights Reserved.